NEWS新着情報

セール&フェア

店長おすすめバイオリンコレクション【大阪梅田店】

クロサワバイオリン大阪梅田店展示品の中から店長がおすすめするバイオリンをピックアップ。
モダン・新作・中古問わず、多数の展示品の中からおすすめ品をご紹介させて頂きます。
是非、クロサワバイオリン大阪梅田店で実際にお試しください。

2023.1.14更新

おすすめリスト

Francesco Bissolotti/Cremona,2004
Lorenzo Cassi/Pianello Val Tidone,2023
Plinio Michetti /Torino,1930
Sandro Asinari /Cremona,2023
Contavalli Primo di Luigi Label(Sold)
Used Marcello Villa/Cremona,1994
Paul Jombar /Paris,1915
Alessandro Scandroglio /CasorateSempione,2021
・アーカイブ

Francesco Bissolotti,Cremona,2004【フランチェスコ・ビソロッティ】

現代のストラディバリと呼ばれる楽器を世に残し、2019年1月31日 その生涯に幕を下ろしたフランチェスコ・ビソロッティの2004年製の作品です。ピエトロ・ズガラボット、ジュゼッペ・オルナ―ティ、フェルディナンド・ガリンベルティなど当代一流と呼ばれた巨匠たちから学びを受けます。サッコーニと共に保管されていたストラディヴァリの遺品コレクションを研究・再整理します。ストラディヴァリが活躍をした古典クレモナの技法に忠実であったビソロッティは後進の育成にも尽力し、息子達の他、現在国内でも高い評価を得ているルカ・パスケット、ピエロ・ヴィルディス・ロレンツォ・カッシをはじめ多くの弟子を育てました。


Lorenzo Cassi ,Pianello Val Tidone,2023【ロレンツォ・カッシ】

※画像クリックで特設ページをご覧いただけます。

イタリア国内のみならず日本でもファンの多いCassi氏のバイオリンです。これまで大阪梅田店でも多数のお客様にご紹介をした実績がございます。また、弊社主催の製作家招聘イベントでも来日いただき、製作に関わるレクチャーや製作実演を開催して頂きました。

Plinio Michetti,Torino,1930【プリニオ・ミケッティ】

フランスとの国境近くのトリノにて製作を行っていたPlinio Michettiの作品です。詳しい資料や記録が残っていない製作家で師弟関係について諸説あるようですが、ジェノヴァとトリノ両スクールの影響がみられます。ライニング材がブロック材の上にまで接着されている特徴は当作品でも見られます。ダークブラウンのニスも特徴的です。楽器内部にはメーカーの焼き印と鉛筆で書かれたサインも存在しており、鑑定書にも当楽器を特定する情報として明記されております。非常に深く、太い低音が特徴です。(鑑定書付き)

Sandro Asinari Cremona,2023【サンドロ・アジナリ】

2023年9月末に行われたイタリアクレモナの大展示会「モンドムジカ」にてAsinari氏より直接買付けた作品です。表板のハーゼ(表板から縦に走る木目に交わるように見える模様/ベアクローとも)が大変美しく、更に均等で美しいコントラストの裏板の杢目を見て購入をほぼ即決した作品です。
新作イタリアンらしい輝かしい音色です。目でも耳でも楽しむことが出来るスタッフおすすめの1本です。

Used Marcello Villa Cremona,1994【マルチェロ・ヴィッラ】

12歳の時にバイオリニストである兄の助けを借りバイオリンを学びます。1983年にクレモナの製作学校を卒業し、ジョルジオ・スコラーリやステファノ・コニアのもとで更に研鑽をつみました。各国のコンテストに参加し1986年バーニャカバッロの若手コンクールで金賞。翌年パヴェ―ノ金賞、1990年バーニャカバッロではカルテットで金賞を受賞しました。
キャリア開始前期は象嵌細工のストラディバリの複製製作にフォーカスを当てておりました。また、自身が好む作家でインスピレーションの源でもあるマリオ・カピキオーニに関する書籍も数冊発行しております。
当作品は94年製作の作品で30年弱の年月を経ております。レスポンスも良く柔らかなサウンドが全面へ飛んでいく印象を持ちます。(製作証明書付属)

Paul Jombar Paris,1915【ポール・ジョンバー】

フランスの権威ランパル氏の鑑定書が付いた1915年製のモダンフレンチバイオリン。 ストラディヴァリをはじめてとする伝統的な作家をモデルとして製作を行っておりました。 パリの有名なガン&ベルナルデルともコラボレーションを行った経験を持ち、特徴的なレッドブラウンのニスはガンベルの作品を思い起こさせます。少し膨らみのあるアーチです。

エレガントな作風で外観も美しく保存状態が良いこともお勧めのポイントです。モダンらしい膨らみのある低音からシルキーな高音を持ち、表現の幅を広げてくれる作品ではないでしょうか。(Jean-Jacques RAMPAL鑑定書付属)


Alessandro Scandroglio/Italia CasorateSempione,2021【アレッサンドロ・スカンドローリオ】

2006年ヴィエニアフスキー国際製作コンクールにてバイオリン部門3位の他、特別賞を受賞したScandroglioの作品です。製作活動の前は音楽学校でバイオリン、ビオラを学び、1997年から2000年までパルマのバイオリン製作学校で故Renato Scrollavezza、M.I.Piccinottiに師事します。

国際コンクールで高い評価を得た製作技術・音響品質を始め、師であるPiccinottiゆずりの美しいニスは見るものを魅了する美しさを持っております。
こちらの作品もコーナー・パフリングの仕上げ、f孔のシャープなナイフワークなど随所で精度の高さを伺えます。(製作家証明書付属)

過去のアーカイブはこちらから

クロサワバイオリン大阪梅田店

梅田駅より徒歩10分
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル1F 御堂筋側

  06-4796-9638
  umedavn@kurosawagakki.com
  平日・土曜11:00~20:00/日曜・祝日11:00~19:00

 【大阪駅前第4ビル地下駐車場
当店にて¥5,000以上お買い上げのお客様には駐車30分無料券をお渡しします。