NEWS新着情報

新製品&入荷情報

【入荷速報】Naoya Takahashi 2021 Violin【名古屋店】

巨匠Gio Batta Morassiのアシスタントをも務めた
「Naoya Takahashi」新作が待望の入荷!

弦楽器製作の歴史における大巨匠GioBattaMorassiとその息子SimeoneMorassiを師とし、師のアシスタントをも務めた高橋尚也氏。昨年に続き氏が製作した新作が名古屋店に入荷しました。※こちらの商品はご売約となりました。(10/31)

Naoya Takahashi 1980-

1980年高知県四万十生まれ。1999年に東京のESPミュージカルアカデミー「バイオリン製作」学校へ入学。弦楽器製作を学ぶも自身の出来栄えに納得がいかず単身イタリアへ留学しCremona国立バイオリン製作学校へ入学。

LukaBellini、AlessandroVoltini、ルカ・マリア・ガッロに師事。2003年にはシチリア、パレルモのファビオ・ニコトラの工房で修理の技法について学ぶ。

その後クレモナに戻り、2005年~2011年まで、Gio Batta Morassi、SimeoneMorassi両氏に師事。2008年以降は、鑑定家として有名なERIC BLOT氏の工房にて、修理の技術を学ぶ。2011年以降、故郷の四万十にて自身の工房を開き弦楽器を製作。現在でもSimeone氏との交流があり東京の弦楽器フェア等にて指導を受けている。

工房ギャラリー

Naoya Takahashiの魅力大解剖

巨匠から受け継がれた高い技術

世界で最も有名な製作家の一人であり数多くの業績を残した巨匠GioBattaMorassiとトリエンナーレコンクールで審査員も務める巨匠の息子SimeoneMorassiを師とし、今もなおその交流は続いています。師からは絶大な信頼がありアシスタントも務めました。伝統あるMorassi・クレモナの技術が確実に受け継がれ、製作家の技術の高さが出るスクロールなどにはそこがしっかりと表れています。

拘りぬいた伝統

使用する木材はMorassi工房の最上級ランクの材を中心に厳選した材のみ、ニスはアルコールニスを使用、色合はイタリアンオレンジを基本にしています。製作後は音色のチェックも怠りません。楽器の魅力が存分に出るよう何度も音色調整を行います。氏はMorassiが製作した楽器をベースに製作を行い、今やその人気は日本のみならず世界からオーダーが入るほどです。

名古屋店スタッフコメント

日本人製作家「高橋尚也」氏の作品が待望の入荷です。バイオリン担当スタッフがあるご縁から氏本人の作品に触れ、造形・音の美しさに一目惚れし昨年にオーダーし入荷。その後すぐに売約となり新たにオーダーした作品がこのモデルとなります。今回は木材の選定からモデルまでスタッフが行い、完全オーダーにて製作しています。

まず見た目の美しさ。故Gio Batta Morassiの楽器を彷彿とさせるGold Yellowの美しいニスが特徴です。実は、氏の工房ではMorassi工房の木材を使用しています。そしてこの楽器にも綺麗な木目の入った極上の木材が使用されていることが一目で分かります。

一般的に新作楽器₌音が硬い、若いというイメージを持ちますが、この楽器は例外です。先ずは音の出しやすさ。まるでイタリアの気候の中で演奏しているかの様な、カラッと良く通るきめの細かい音色が、心を洗います。弦はVision、製作者自ら音色の研究を行いこの弦に辿り着きました。楽器の音色を素直に引き出してくれるこの楽器にはぴったりの弦に感じます。

そして、新作イタリアンであれば100万以上するのが相場。この楽器はイタリアン並み、もしくはそれ以上の魅力がありながら80万という魅力的な値段になっています。

コストパフォーマンスも抜群、スタッフが直接触れ、惚れこんだ作品です。是非名古屋店でご覧くださいませ。※こちらの商品はご売約となりました。(2021.10.31)

Naoya Takahashi 2021 Violin Gallery

ご注文・商品ページはこちら

●Naoya Takahashi Violin 2021  ¥880,000(税込) +Certificate
※こちらの商品はご売約となりました。


現代を代表する氏の作品を是非名古屋店にてお試しくださいませ。


取り扱い店舗

クロサワバイオリン名古屋店

住所:愛知県名古屋市中区栄2-3-1 B1F
TEL:052-202-1011
MAIL:nagoyavn@kurosawagakki.com
HP:http://www.kurosawaviolin.com/nagoya/

※在庫状況は直接店舗までお問い合わせ下さい。